都議会議員5期で築き上げた膨大な実績で、調布・狛江を、「きぼう都市」に。

NEWS

「身を切る改革」断行 きょう条例案を提出(公明新聞より)

▽議員報酬を20%削減 ▽政務活動費減額し全面公開 ▽費用弁償制度は廃止 東京都議会公明党(東村くにひろ幹事長、都議選予定候補=八王子市)の「都政改革推進プロジェクトチーム(PT)」(まつば多美子座長、同=杉並区)は14 …

【待機児童の解消】17年度都予算案 都議会公明党の主張が反映(公明新聞より)

都議会公明党は、子どもを安心して産み育てられる東京の実現に向け、保育サービスの拡充に一貫して取り組んできました。2017年度は、待機児童の解消へ対策がさらに進みます。 ■保育士 賃金を2.1万円上乗せ 都は、待機児童の解 …

「Tokyo Voice Action」実施

晴天に恵まれた本日(11日)午前、公明党青年委員会が取り組む「東京ボイスアクション」のイベントが調布駅前で開催されました。私も政策アンケートの協力をお願いするとともに、都議会公明党が進める「3つの挑戦」について訴えさせて …

心豊かな成長を願い 狛江市議会公明党の取り組み(公明新聞より)

東京都狛江市は現在、中学校に入学する子どもなどを対象に本を贈呈するサードブック事業の準備を進めている。同事業は、市議会公明党(佐々木貴史幹事長)が定例会などで推進してきた。 同市はこれまで、赤ちゃんに絵本を贈るブックスタ …

【人にやさしい街づくり】17年度予算案 都議会公明党の主張が反映(公明新聞より)

都議会公明党は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、世界一のバリアフリー都市の構築をめざしています。「人にやさしい街づくり」が前進します。 ■小中学校のトイレを洋式化 都は学校や公共施設などのトイレ洋式化のため、2 …

【中島よしお メールマガジン vol.17】 私立高校授業料の実質無償化が前進

皆さん、こんにちは! 中島よしおです。 一般ニュースでも大きく報道されましたが、東京都は1月16日、私立高校に通う生徒のいる家庭の経済的負担を軽減するため、2017年度から世帯年収約760万円(目安)未満の世帯の授業料負 …

東京都が2017年度予算案発表 公明党の提言等が多数実現へ

東京都は25日、一般会計で総額6兆9540億円(一般歳出5兆642億円)の2017年度予算原案を発表した。 このうち教育分野では、都議会公明党が強く主張してきた私立高校授業料の実質無償化が実現する。年収約760万円未満の …

【中島よしお メールマガジン vol.16】 都政改革の先駆者は公明党

皆さん、こんにちは! 中島よしおです。 現在、小池知事のもと「都政改革」が大きなテーマになっていますが、公明党は一貫して改革の先頭に立ってきました。その具体的な取り組みを随時、紹介します。 私が都議会議員になったころ、東 …

公明党の主張を受け止め、私立高校の授業料が実質無償化へ

東京都は16日、私立高校に通う生徒のいる家庭の経済的負担を軽減するため、2017年度から世帯年収約760万円(目安)未満の世帯の授業料負担を実質無償とすることを決めた。高校授業料の公私立間格差の是正が狙い。小池百合子知事 …

成人の日に駅頭を実施 若者の声を実現へ

「成人の日」の今日、全国では123万人の新成人が誕生しました。 大変におめでとうございます。 狛江駅、調布駅前では、公明党による「成人の日」記念街頭演説会を開催。 新成人の方を対象にしたボイスアクションも実施。 公明党が …

« 1 12 13 14 15 »
PAGETOP
Copyright © 中島よしお公式ウェブサイト All Rights Reserved.